ガチムチオーク兄弟の、笑顔が絶えない楽園に行きたい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記載するか迷いましたが
忘れたくないので書くことにしました。

2010年は、自分の妹も含め、親戚に子供が3人できる年です。
妹の子は、すこし問題があるものの男の子が無事生まれました。
7月16日の昨日、生まれるはずの親戚の子は
産声をあげることなく、この世を去りました。


へその緒が巻きついたらしく、おなかの中ですでに心音が停止していたようです。


陣痛促進剤により、息をしてない子を産んだ親戚の子が不憫でなりません。
ぐったりした我が子を、抱きしめても抱きしめても


自分に子供ができ
親族にも子供ができ
独身の頃じゃ考えられないですが
親族というコミニティが大きくなっているのに幸せを感じておりました。
うちの子が生まれた年にも3人増ましたし
名前を覚えれないという幸せな時間。


大きくなって
駆逐おじさん、もっと遊べよ!あっち行けよ!ありがとう!またくるね!
そう言ってもらいたかった。


心が宿るといけないという慣習で
名前も付けれず
葬式も、ごくごく身内のみでお経を唱えるだけになるので
私は参加しませんが
なんと寂しいことか。


風はないものの、シトシト降りつづける雨が憂鬱にさせます。
やらないといけない仕事はあるものの


体が重くてしかたがない。

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 一級一撃誌, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。