ガチムチオーク兄弟の、笑顔が絶えない楽園に行きたい・・・
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前記事

これから男は、武砕苦狂者になる。
あの心休まる日々のことは忘れなければならない。
瞳を閉じ、不快瞑想に入った。

ゲハハンッ  ゲハハハッァハン!」

スポンサーサイト
前記事

男は居酒屋を後にした。
家に帰ると老人の部屋に向かった。

前記事

一体どれほどの間意識を失っていたのだろうか。
気がつくとベットに横たわっていた・・・

前記事

「憑野ぶさぎ・・・いや超武砕苦ねえさん・・・まさかまた聞くことがあるとは・・・」

実はこの男、超名門 武砕苦狂の一族である。
超名門の彼が何故に木こりをし、ハンターでは無いのか?
それには武砕苦狂独特の体性に理由がある。

早春の落日である。
夕陽が1人の男に射した。その光ははげしくも鋭くもなく静かに降りるようである。
したたる汗をそのままに天を仰ぐと、包み込むようなすばらしい夕焼け。
時折吹く風は春の香りを漂わせ、やわらかく心地良い。
ゆっくりと揺られる木々の葉がうたた寝しているようにも見える。

元ネタ Wolfsbane様ブログ

「ヤレヤレダゼ」

「!?あれは!!!」     
                           ムダニ ナガイデス

元ネタ Wolfsbane様ブログ

「うえっぷ・・・」

込み上げる何かを抑えこみながら沼地にやってきた。
ランスの練習する前から、疲労困ぱいである。

「そろそろ本格的にランスの練習せねばな・・・」

一撃は密かにランス用の防具を作っていた
だがしかし肝心の武器が無い
それというのも作ろうとしているランスの素材が1つ足りなかった。
狩猟の依頼も途絶えており、集めようがない。


「あの男なら・・・」 (あの男を知りたい方はクリックで確認!)
とも考えたが、以前に回復薬を渡された苦い思い出がよみがえるだけだった。
あんにゃろう・・・

(小説) 醜少女戦士ヒーラームーン ←クリックで飛びます

小説はブサイ君の作品です。 
なかなかの出来で、不覚にもワラってしまいましたw
ぜひご覧ください^^

腹が空いてスーパーに行くと、食べきれないぐらい食材を買うことがあるだろう?
つまりはそう言うことだよ。
                                   超武砕苦列伝より抜粋


| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 一級一撃誌, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。